茨城新聞 2021年06月02日掲載

茨城政懇 「栄光の陰に注目」 山本氏、五輪の舞台裏説く
講演会で五輪の舞台裏について話す山本浩氏=水戸市千波町
茨城政経懇話会の6月例会が1日、水戸市千波町の水戸プラザホテルで開かれ、サッカーの実況などで知られる元NHKアナウンサーで法政大教授、山本浩氏(68)が「オリンピックの理想と現実 歴史が教えるいま」と題して講演し、五輪の舞台裏などを明かし、「栄光の陰にある人々(の努力)を注目して見ると面白い」と呼び掛けた。

山本氏は、射撃のジャケット開発の経緯に触れ、重い銃を持って3時間の試合に耐えるため、着ると硬くなるジャケットが開発されたことや、硬さを測る検査があることも紹介。日本の代表選考で、試合後の検査で失格になった選手の悲運を「空調が効いた会場で、脱いで持って来た(ため、冷えて生地が硬くなり、ルール違反になった)。着たままで来れば結果は違ったかも」と説明した。

リオ五輪50キロ競歩で日本勢が初の3位入賞を決めた舞台裏も披露。日本選手の失格発表の直後、解説者が日本にいる組織委に競技映像を送らせ、上訴期限に間に合わせて判定が覆った経緯と連携プレーを解説し、「(競技者の)近くにいる人たちがそういうことをやっているかもしれないと思って見ると面白いのでは」と話した。

■茨城政懇出席者(順不同、敬称略)
秋山光伯(秋山工務店代表取締役社長)
及川瑞穂(ALSOK茨城代表取締役社長)
綿引甚介(伊勢甚本社代表取締役社長)
殿岡弘章(一誠商事水戸駅南支店長)
押田繁(茨城グローブシップ代表取締役社長)
渡辺武(茨城県信用組合理事長)
鈴木克典(茨城県信用保証協会長)
鶴長義二(いばらきコープ生活協同組合代表理事理事長)
小澤正哉(茨城ポートオーソリティ常務取締役大洗支社長)
中山晴之(NTTドコモ茨城支店長)
國井豊(大洗町長)
黒江俊郎(株木建設専務執行役員本店長)
亀山昌美(関電工執行役員茨城支店長)
高木薫(関東電気保安協会茨城事業本部長)
栗田和憲(栗田会計事務所公認会計士)
加藤雅哉(京成ホテル代表取締役社長)
小路實(小路新聞販売代表取締役)
櫻井紳一(常陽銀行執行役員本店営業部長)
坂本秀雄(常陽保険サービス代表取締役社長)
小松原仁(昭和建設代表取締役社長)
眞子敏幸(セキヤマ代表取締役)
車孝則(セントラル・メッセ代表取締役)
田山興誠(第一熱学建設会長)
柏村祐二(タビットツアーズ代表取締役)
木梨正之(筑波銀行水戸営業部長)
堀哲也(東京ガス茨城事業部長)
先崎光(那珂市長)
阿部真也(日東電気代表取締役社長)
荻野孝史(日本原子力発電東海事業本部地域共生部茨城事務所長)
幡谷公朗(ネッツトヨタ水戸取締役社長)
松本隆史(冨士オフセット印刷代表取締役)
桑山隆司(双葉会長)
芹澤弘之(水戸京成百貨店代表取締役社長)
鈴木敏博(水戸三の丸パーキング代表取締役社長)
塙由博(水戸信用金庫理事長)
関優(めぶきリース取締役社長)
植田真未(ワイン・デ・マミ代表)
駒井英子(不二太陽光発電代表取締役)
冨山洋子(冨山建材代表取締役)
一木悦子(社会福祉法人雄志会施設長)
【掲載は会員名】