茨城新聞 2020年11月25日掲載

茨城県南西政懇「五輪成功させ来秋解散」 神志名氏、菅政権と政局展望語る
「菅新政権と政局展望」のテーマで講演した神志名泰裕氏=つくば市吾妻
茨城県南西政経懇話会の11月例会が24日、つくば市吾妻のホテル日航つくばで開かれ、元NHK解説委員長で政治ジャーナリストの神志名泰裕氏が「菅新政権と政局展望」のテーマで講演した。解散・総選挙について、「実績を積み重ね、東京五輪を成功させた上で解散・総選挙に打って出る」と予想し、「(解散は)来年秋の任期満了に近い時期になる」と展望した。

神志名氏は、菅政権について「実利提供型政治が本質」と分析。不妊治療支援など歴代政権で踏み込めなかった問題を提起して改革を進め、「短期で実績を上げることを基本にしている」と述べた。

一方で、新型コロナウイルスの感染抑止策が具体的に示されていないといった問題点も挙げ、「新型コロナの対策をしっかりできないと失速していく」と語った。

解散・総選挙に関しても「新型コロナの収束がポイント」と指摘。自民党内から待望論が出ているという「年明け解散」は、感染の急拡大に伴い収束が見通せなくなっていることから、「見送りの公算が大きい」との見方を示した。